使ってみたレビュー

『山善電気ケトル』レビュー!ティファールからの買替え!率直な感想です

山善電気ケトル

山善の電気ケトルを購入して使い始めてから一ヶ月経ちました。

7年ほど使ったティファールからの買い替えです。

購入を決断するまで、慣れ親しんだティファールにするか、違うメーカーの電気ケトルにしようか散々迷いました。

みずー
みずー
結論から言うと、山善の電気ケトルにして大正解でした!



山善電気ケトルを購入した決め手、購入での不安ポイント、実際購入してどうだったか、メリットデメリット、ティファールと比較した使い心地などをまとめました

みずー
みずー
山善電気ケトル購入の参考にしていただければ嬉しいです。


こんな人におすすめ!
  • どのメーカーの電気ケトルを購入するか迷っている
  • 山善電気ケトルについて知りたい
  • 山善電気ケトルのメリット・デメリットを知りたい
  • 山善電気ケトルを実際に使ってみた感想を知りたい

山善電気ケトルのスペック詳細

山善電気ケトル ブラック・ホワイト
カラーブラック・ホワイト
サイズ約 幅285×奥行190×高さ240mm
重さ約980g (ケトル・電源プレートセット時)
消費電力1000W(50-60Hz共用)
コード長約0.9m
容量約800ml
設定温度約60~100℃

※参照:山善HPより

山善電気ケトルの発売日は2018年1月中旬です。

当初はブラックのみでしたが、2018年11月にホワイトも追加されました。現在(2019年4月26日)は2色展開となっています。

単なる家電にとどまらずインテリアとしても通用するデザインは、よくバルミューダの電気ケトルと比較されています。

山善電気ケトルを購入した決め手

みずー
みずー
山善電気ケトルを購入した主な決め手は、以下の3つです。
購入の決め手
  • シンプルなデザインでおしゃれ。質感も高級感があって良い。
  • 高すぎない価格設定
  • 日本企業の製品である

まず、なんといってもそのデザインに惹かれました。

高機能でありながら価格もそれほど高くなく、私が購入した時は6,480円でした(※2019年4月)。

みずー
みずー
抜群のデザインと高機能ぶりで、間違いなく値段以上の価値があると思いました。



そして、山善が日本企業であるという安心感も決め手の一つでした。


購入候補の一つとして検討していたバルミューダは、デザインは素敵だけど1万円を超える価格設定です。

みずー
みずー
レビューを見てみると、水が入っていないとぐらつきが気になる。というコメントがいくつかあり、不安になりました。

そのことも山善電気ケトルを購入する後押しとなりました。


山善電気ケトル購入の不安ポイントは容量

山善電気ケトルの唯一の不安点は、容量が少ないことでした。

みずー
みずー
ティファールは1.2Lだったので、0.8Lの山善だと容量が3分の2に!

うちは5人家族。足りるの?さすがに購入を迷いました。



でも考えてみれば、電気ケトルを日常的に使っているのは私だけ。

一回でお湯を沸かす量は、たいていコーヒー1~2杯分です。

みずー
みずー
0.8L以上のお湯が必要な時には、鍋で沸かせばいいかな。そんな時は数カ月に1回くらいだし。



今となっては、山善電気ケトルを購入して良かったと思っています。

使い始めて1ヶ月ですが、0.8L以上のお湯が必要な場面は今のところありません


山善電気ケトルのメリットデメリット

みずー
みずー
実際使ってみて、ここが良い!ここがいまいち。。
という感想をまとめました!

山善電気ケトルのメリット


  • 洗練されたデザイン
  • 高級感がある
  • こまかく温度調節できる
  • 保温機能がある
  • 注ぎ口の液だれなし
  • 使っていて気分が上がる



山善電気ケトルの一番の魅力は、洗練されたデザインです。
日本製品にありがちな、やたらと目立つカラフルな案内文字などは一切ありません。

みずー
みずー
シンプルで余計な物が一切ないスッキリ感、日本企業の商品らしくないおしゃれさです!

山善電気ケトル(ブラック)

つや消しのマットな質感は高級感があります。
流行りの男前インテリアにも間違いなくハマります。

山善電気ケトルの質感、つや消し

デザインだけではなく、機能性も抜群です。
60~100度の間で1度単位で調節可能で、1時間の保温機能もあります。

みずー
みずー
飲み物の種類に合わせて温度調整ができるから、おいしさを最大限に引き出せます!

ティファールとくらべて遅いのでは?と気になっていた沸騰時間も、若干遅い気はしますが、まったく気にならないです。

実際に測ってみたところ、湯沸かし最小水量の300㏄の沸騰時間は、2分15秒でした。
(※300㏄を100℃に沸騰させた時間です)

みずー
みずー
なにかやってるうちに沸いてます。

山善電気ケトル 液晶表示


また、実際に注いでみて感動したのが、まったく液だれしないことです。

細い注ぎ口は、コーヒーのドリップや、お茶をいれるのにも最適です。

山善電気ケトル


そして、なんといっても使っていて気分が上がります

今までデザインを重視しつつも、結局は使い勝手の良さで商品を選んでいましたが、良いデザインは人を幸せにすることを実感しました

みずー
みずー
目に入るたび、使うたびにテンション上がります!


山善電気ケトルのデメリット

  • ティファールに比べると操作が多くて面倒
  • 取っ手と蓋のツマミ以外は高温になる
  • 黒はホコリがめだつ

山善電気ケトルは、ただ沸かすだけのティファールと違い、温度調節と保温機能がついているぶん操作が多くなります。

とは言っても、タッチパネルを押すだけなので慣れてしまえば大丈夫です。

あと要注意なのは、お湯を沸かすと本体が熱くなることです。

持ち手と蓋のツマミ部分だけは熱くならないので、お湯を注ぐときは特別に注意する必要はありません。

みずー
みずー
ただし小さな子どもがいる場合は、触ってやけどしないように注意が必要です!



そして、この記事のために写真を撮っていて思ったのは、

みずー
みずー
黒はホコリがめだつ!

山善電気ケトル電源プレートの液晶表示
普段使っている時にはそれほど気になりませんが、写真を撮ると気になります。

みずー
みずー
かなり丁寧にホコリを取りましたが、ホコリがついてるのがわかりますよね。



ティファールは白を使っていました。
白だとホコリは目立ちませんが、汚れが目立ちます

みずー
みずー
いずれにせよお手入れは必須なので、好きな色を買えばいいと思います!


また、デメリットとしては挙げませんでしたが、使い始めた時にふたが開けづらいな。と感じました。
ここをデメリットと感じる人もいるかもしれません。

ふたは片手で開けることはできないので、片手で本体を押さえながらもう一方の手で開けます。

みずー
みずー
逆にお湯を注ぐときは、ふたが開いてしまう心配がないため片手で注げて楽!



どちらを取るかですが、注ぐときにふたが開いてしまうと熱湯がこぼれてしまいます。
私はふたは開けづらいほうがいいと思っています。

まとめ:山善電気ケトルは自信を持っておすすめできます!

約7年使ったティファールからの買い替えで、またティファールにするか他のメーカーの電気ケトルにするか散々迷いました。

山善電気ケトルは、お値段はティファールより高いですが、デザインや機能の面で大きくティファールをリードします。

みずー
みずー
ティファールにも高機能な電気ケトルはありますが、その分お値段はアップします。



他に購入を検討したバルミューダビタントニオの価格はいずれも1万円を超えます。

山善電気ケトルはデザインと機能性を兼ね備えているにも関わらず、1万円を大きく下回る価格です。コスパは抜群です。

みずー
みずー
山善電気ケトルに思い切って買い替えて、本当に満足しています!


みずー
みずー
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

記事の更新情報などはツイッターで行ってます。
良かったらフォローお願いします!=>みずーのツイッター

=>『使ってみたレビュー』カテゴリに戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA